Hickokの発音記号と読み方

発音記号: híkɑk | -kɔk  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  ヒィカァク | コォク
主な意味: [名]James Butler (“Wild Bill”), ヒコック(1837-76):米国の開拓者;早撃ちで有名.
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
hí - kɑ - k - | - kɔ - k
発音記号カナ(目安)発音の仕方
ヒィ
「h」は、後に続く母音と同じ口の構えで、息を吐きながらハ行の発音をする。この音は、単語の終わりには来ない。
「i」は、日本語の「エ」と「イ」の中間の音。「エ」と「イ」を同時に言う感じで「イ」と発音する。
続けて「ヒィ」となる。
カァ
「k」は、舌の後ろ部分を上げて、上あごの奥につけて息を止める。急に舌を離して「クッ」と息を破裂させる。(「グッ」と出せば「g」の音になる)
「ɑ」は、アメリカ英語の音で、口を大きく開けて、短く「ア」と言う。イギリス英語だと「ɔ」になる。「オ」と発音しても通用する。
続けて「カァ」となる。
k
「k」は、舌の後ろ部分を上げて、上あごの奥につけて息を止める。急に舌を離して「クッ」と息を破裂させる。(「グッ」と出せば「g」の音になる)
コォ
「k」は、舌の後ろ部分を上げて、上あごの奥につけて息を止める。急に舌を離して「クッ」と息を破裂させる。(「グッ」と出せば「g」の音になる)
「ɔ」は、口を大きく開けた後、唇を丸くして前に突き出した形で、短く「オ」と発音する。
続けて「コォ」となる。
k
「k」は、舌の後ろ部分を上げて、上あごの奥につけて息を止める。急に舌を離して「クッ」と息を破裂させる。(「グッ」と出せば「g」の音になる)
キーワードをランダムでピックアップ
biocontrolimpeccablescuddebaucheryelectricallyflimsyimperialistintertexturepixallegoricintumescepulepotato beetleNGOpalsyinstructgenuflectcontendergangstertheoretician