Erasmusの発音記号と読み方

発音記号: irǽzməs  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  イラァズマァス
主な意味: [名]Des・i・de・ri・us 〔dèsidíəriəs〕, エラスムス(1466ごろ-1536):オランダの神学者・風刺作家;文芸復興の先駆者.  [形]
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
i - rǽ - z - mə - s
発音記号カナ(目安)発音の仕方
i
日本語の「エ」と「イ」の中間の音。「エ」と「イ」を同時に言う感じで「イ」と発音する。
ラァ
「r」は、舌の先を内側にまいて、口のどこにも触れずに「ル」のような音を出し、すぐ後ろの母音に移動する。
「æ」は、「ア」と「エ」の中間のような音。両ほほを左右に引っ張り、口を横にあけて「ア」と発音する。
続けて「ラァ」となる。
z
「z」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎に近づけて、その隙間から「ズ」と息を出して発音する。(「ス」と出せば「s」の音になる)
マァ
「m」は、唇を閉じて口から息が出るの止め、「ム」という声を鼻を通して出す。
「ə」は、口をあまり開けずに、弱く曖昧に「ア」と言う。
続けて「マァ」となる。
s
「s」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎に近づけて、その隙間から「ス」と息を出して発音する。(「ズ」と出せば「z」の音になる)
キーワードをランダムでピックアップ
puisneassizedefensibilityscarfpinpay through the nosenull and voidemptilyScan.palpsedimentaryflunkyde profundistransversetailsgirdrevisalseniorityundescendedintonestereoscopy