selahの発音記号と読み方

発音記号: síːlə  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  シィーラァ
主な意味: [名]セラ:旧約聖書の詩編にしばしば出てくる語;感嘆詞ないし休止を示す音楽記号と考えられている.
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
síː - lə
発音記号カナ(目安)発音の仕方
síːシィー
「s」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎に近づけて、その隙間から「ス」と息を出して発音する。(「ズ」と出せば「z」の音になる)
「ː」のある場所は、長く引っ張って発音する。「iː」は、唇を横に引いて、上下の歯が軽く触れるくらい、口をあまり開けずに「イー」と長く言う。
続けて「シィー」となる。
ラァ
「l」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。その状態で舌の両側から「ウ」と「ル」を同時に出すように発音する。
「ə」は、口をあまり開けずに、弱く曖昧に「ア」と言う。
続けて「ラァ」となる。
キーワードをランダムでピックアップ
Francesdollyquichebeg offrack-rentBaron Carl Maria Friedrich Ernst von Webergo to glorycaliforniumduskau jusa pat on the backcheaplymassesnugglycybernatedsidepiececastleP.T. Barnumdebutantcongressman