herpetologicalの発音記号と読み方

発音記号: hə`rpitɑ'lədʒi  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  ハァ(ル)ピィタァラァヂィ
主な意味: [名]爬虫(はちゆう)類学.音節her・pe・to・log・ic 発音記号/h`ɚːpəṭəlάdʒɪk|h`əːpətəlˈɔdʒ‐←/ [形]アクセント・音節hèr・pe・to・lóg・i・cal 発音記号/‐dʒɪk(ə)l←/ [形]
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
hə` - r - pi - tɑ' - lə - dʒi
発音記号カナ(目安)発音の仕方
hə`ハァ
「h」は、後に続く母音と同じ口の構えで、息を吐きながらハ行の発音をする。この音は、単語の終わりには来ない。
「ə」は、口をあまり開けずに、弱く曖昧に「ア」と言う。
続けて「ハァ」となる。
r(ル)
「r」は、舌の先を内側にまいて、口のどこにも触れずに「ア」と「ル」の間のような音を出す。
piピィ
「p」は、唇を閉じて息を止める。その状態から急に「プッ」と唇を破裂させて発音する。(「ブッ」と出せば「b」の音になる)
「i」は、日本語の「エ」と「イ」の中間の音。「エ」と「イ」を同時に言う感じで「イ」と発音する。
続けて「ピィ」となる。
tɑ'タァ
「t」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息を止めた状態から、急に息で「トゥ」と破裂させるように発音する。(「ドゥ」と出せば「d」の音になる)
「ɑ」は、アメリカ英語の音で、口を大きく開けて、短く「ア」と言う。イギリス英語だと「ɔ」になる。「オ」と発音しても通用する。
続けて「タァ」となる。
ラァ
「l」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。その状態で舌の両側から「ウ」と「ル」を同時に出すように発音する。
「ə」は、口をあまり開けずに、弱く曖昧に「ア」と言う。
続けて「ラァ」となる。
dʒiヂィ
「dʒ」は、唇を前に突き出して、息だけで「ヂュ」と発音する。(「チュ」と出せば「tʃ」の音になる)
「i」は、日本語の「エ」と「イ」の中間の音。「エ」と「イ」を同時に言う感じで「イ」と発音する。
続けて「ヂィ」となる。
キーワードをランダムでピックアップ
long tonhyperspaceambuscadeenvisionmassivelaghandcraftantitoxingoof-upuncensoredaggregatesalarygimcrackvas deferensnautchweddingleftieathleticanthropomorphousstylo-