wroughtの発音記号と読み方

発音記号: rɔ'ːt  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  ロォートゥ
主な意味: [動]workの過去・過去分詞形.  [形]  1 形作られた.  2 念入りに仕上げられた;装飾の施された.  3 〈鉄器などが〉打って作った
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
rɔ'ː - t
発音記号カナ(目安)発音の仕方
rɔ'ːロォー
「r」は、舌の先を内側にまいて、口のどこにも触れずに「ル」のような音を出し、すぐ後ろの母音に移動する。
「ː」のある場所は、長く引っ張って発音する。「ɔː」は、口を大きく開けた後、唇を丸くして前に突き出した形で「オー」と長く言う。
続けて「ロォー」となる。
tトゥ
「t」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息を止めた状態から、急に息で「トゥ」と破裂させるように発音する。(「ドゥ」と出せば「d」の音になる)
キーワードをランダムでピックアップ
rationalityburgerchromodynamicsgoshsiderosisbiorhythmfulguritevaliantlycogmotdrop-offon centerdadoconcavo‐concavesimilitudeMohs scaletonaljoyfulTumsstraggler