windの発音記号と読み方

発音記号: wind,waind; wind  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  ウィンドゥ , ワァィンドゥ , ウィンドゥ
主な意味: [名] 〔wínd;wáind〕  1 風(▼形容詞を伴わない場合は通例theを冠す).   2 大風, 強風;暴風  3 (ふいご・扇など人工的...
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
wi - n - d - , - wai - n - d - ; -   - wi - n - d
発音記号カナ(目安)発音の仕方
wiウィ
「w」は、日本語のワ行の音。唇を丸く前に突き出して発音し、すぐ後ろの母音に移動する。単語の最後に来ることはない。
「i」は、日本語の「エ」と「イ」の中間の音。「エ」と「イ」を同時に言う感じで「イ」と発音する。
続けて「ウィ」となる。
n
「n」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息が口から出るのを止めて、「ン」という音を鼻から出す。(単語の最後にくる場合は「ン」と発音せず、軽く「ヌ」と言う感じにする)
dドゥ
「d」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息を止めた状態から、急に息で「ドゥ」と破裂させるように発音する。(「トゥ」と出せば「t」の音になる)
waiワァィ
「w」は、日本語のワ行の音。唇を丸く前に突き出して発音し、すぐ後ろの母音に移動する。単語の最後に来ることはない。
「a」は、「ai」は、二重母音。「a」から「i」へ滑らかに変化させ、1つの音のように表現する(前の音ははっきりと強く、後ろの音はぼかす)。発音の初めは口を広く開けて、発音の終わりは口を狭くして「アィ」と言う。
続けて「ワァィ」となる。
n
「n」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息が口から出るのを止めて、「ン」という音を鼻から出す。(単語の最後にくる場合は「ン」と発音せず、軽く「ヌ」と言う感じにする)
dドゥ
「d」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息を止めた状態から、急に息で「ドゥ」と破裂させるように発音する。(「トゥ」と出せば「t」の音になる)
wiウィ
「w」は、日本語のワ行の音。唇を丸く前に突き出して発音し、すぐ後ろの母音に移動する。単語の最後に来ることはない。
「i」は、日本語の「エ」と「イ」の中間の音。「エ」と「イ」を同時に言う感じで「イ」と発音する。
続けて「ウィ」となる。
n
「n」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息が口から出るのを止めて、「ン」という音を鼻から出す。(単語の最後にくる場合は「ン」と発音せず、軽く「ヌ」と言う感じにする)
dドゥ
「d」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息を止めた状態から、急に息で「ドゥ」と破裂させるように発音する。(「トゥ」と出せば「t」の音になる)

windの発音記号と読み方 2

発音記号: wáind  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  ワァィンドゥ
主な意味: [動](wound 〔wáund〕 or〜・ed, 〜・ing)(自)  1I[副]]〈道・川などが〉曲がりくねる, うねる, 屈曲す...
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
wái - n - d
発音記号カナ(目安)発音の仕方
wáiワァィ
「w」は、日本語のワ行の音。唇を丸く前に突き出して発音し、すぐ後ろの母音に移動する。単語の最後に来ることはない。
「a」は、「ai」は、二重母音。「a」から「i」へ滑らかに変化させ、1つの音のように表現する(前の音ははっきりと強く、後ろの音はぼかす)。発音の初めは口を広く開けて、発音の終わりは口を狭くして「アィ」と言う。
続けて「ワァィ」となる。
n
「n」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息が口から出るのを止めて、「ン」という音を鼻から出す。(単語の最後にくる場合は「ン」と発音せず、軽く「ヌ」と言う感じにする)
dドゥ
「d」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息を止めた状態から、急に息で「ドゥ」と破裂させるように発音する。(「トゥ」と出せば「t」の音になる)

windの発音記号と読み方 3

発音記号: wáind  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  ワァィンドゥ
主な意味: [動](他)(〜・ed or wound 〔wáund〕, 〜・ing)  1 〈角笛・らっぱなどを〉吹く, 〈息を〉吹き込む;…を吹き鳴らす.  2 …...
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
wái - n - d
発音記号カナ(目安)発音の仕方
wáiワァィ
「w」は、日本語のワ行の音。唇を丸く前に突き出して発音し、すぐ後ろの母音に移動する。単語の最後に来ることはない。
「a」は、「ai」は、二重母音。「a」から「i」へ滑らかに変化させ、1つの音のように表現する(前の音ははっきりと強く、後ろの音はぼかす)。発音の初めは口を広く開けて、発音の終わりは口を狭くして「アィ」と言う。
続けて「ワァィ」となる。
n
「n」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息が口から出るのを止めて、「ン」という音を鼻から出す。(単語の最後にくる場合は「ン」と発音せず、軽く「ヌ」と言う感じにする)
dドゥ
「d」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息を止めた状態から、急に息で「ドゥ」と破裂させるように発音する。(「トゥ」と出せば「t」の音になる)
キーワードをランダムでピックアップ
reflexlyLewis CarrollriggingGian Carlo Menottiy.mugglehairpieceprickingelbowroomunambiguouslycall-upmatter‐of‐factlypronukeskivvycry havoctenorwise-assAbyssinianBlue Birdcircumscribe