whistlerの発音記号と読み方

発音記号: hwíslər | wís-  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  フゥィスラァ(ル) | ウィス
主な意味: [名]  1 (口)笛などを吹く人;笛音を出す鳥;ヒューと鳴るもの[仕掛け].  2 =thickhead.  3 《動物》シラガマーモット:リス科マーモット属の大型の齧歯...
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
hwí - s - lə - r - | - wí - s
発音記号カナ(目安)発音の仕方
hwíフゥィ
「h」は、後に続く母音と同じ口の構えで、息を吐きながらハ行の発音をする。この音は、単語の終わりには来ない。

「w」は、日本語のワ行の音。唇を丸く前に突き出して発音し、すぐ後ろの母音に移動する。単語の最後に来ることはない。
「i」は、日本語の「エ」と「イ」の中間の音。「エ」と「イ」を同時に言う感じで「イ」と発音する。
続けて「フゥィ」となる。
s
「s」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎に近づけて、その隙間から「ス」と息を出して発音する。(「ズ」と出せば「z」の音になる)
ラァ
「l」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。その状態で舌の両側から「ウ」と「ル」を同時に出すように発音する。
「ə」は、口をあまり開けずに、弱く曖昧に「ア」と言う。
続けて「ラァ」となる。
r(ル)
「r」は、舌の先を内側にまいて、口のどこにも触れずに「ア」と「ル」の間のような音を出す。
ウィ
「w」は、日本語のワ行の音。唇を丸く前に突き出して発音し、すぐ後ろの母音に移動する。単語の最後に来ることはない。
「i」は、日本語の「エ」と「イ」の中間の音。「エ」と「イ」を同時に言う感じで「イ」と発音する。
続けて「ウィ」となる。
s
「s」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎に近づけて、その隙間から「ス」と息を出して発音する。(「ズ」と出せば「z」の音になる)
キーワードをランダムでピックアップ
get one's knife into a personcallferociouslyheartbeatrestlesspalpablePliocenegrrlunseasonablecarabineercolurepouterhang one's headmillboardnullahdemobilizationchemurgyMacintoshPleistoceneunderdeveloped