where it's atの発音記号と読み方

発音記号: (h)wéɚ | wéə  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  フゥェア | ウェア
主な意味: 活動[できごと]の中心, 核心;いちばん重要な[おもしろい, 進んだ]
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
hwé - ɚ - | - wé - ə
発音記号カナ(目安)発音の仕方
hwéフゥェ
「h」は、後に続く母音と同じ口の構えで、息を吐きながらハ行の発音をする。この音は、単語の終わりには来ない。

「w」は、日本語のワ行の音。唇を丸く前に突き出して発音し、すぐ後ろの母音に移動する。単語の最後に来ることはない。
「e」は、日本語の「エ」とほぼ一緒だが、唇を左右に少し大きめに開ける。
続けて「フゥェ」となる。
ɚ
舌の先を内側にまいて、口のどこにも触れずに「ア」と「ウ」の間のような音を出す。語の最後にきた場合はやや長めに発音する。(アメリカ英語のみの音で、イギリス英語では代わりに「ə」を用いることが多い)
ウェ
「w」は、日本語のワ行の音。唇を丸く前に突き出して発音し、すぐ後ろの母音に移動する。単語の最後に来ることはない。
「e」は、日本語の「エ」とほぼ一緒だが、唇を左右に少し大きめに開ける。
続けて「ウェ」となる。
ə
口をあまり開けずに、弱く曖昧に「ア」と言う。
キーワードをランダムでピックアップ
demeanapsenull and voidFridayautoerotismaberrationlunehyperaemiapleuro-diapasonpropositionepicycloidunwonteddebilityliquidatesympathytranknickel-plategreat apedolichocephalic