resourceの発音記号と読み方

発音記号: ríːsɔːrs | rizɔ'ːs  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  リィーソォー(ル)ス | リィゾォース
主な意味: [名]  1 (国の)資源, 富;資産, 財産, 資力  2 問題解決能力;精神力;力量;資質  3 (供給・援助の)源泉;供給源.  4 臨機の才, 機転, 才略
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
ríː - sɔː - r - s - | - ri - zɔ'ː - s
発音記号カナ(目安)発音の仕方
ríːリィー
「r」は、舌の先を内側にまいて、口のどこにも触れずに「ル」のような音を出し、すぐ後ろの母音に移動する。
「ː」のある場所は、長く引っ張って発音する。「iː」は、唇を横に引いて、上下の歯が軽く触れるくらい、口をあまり開けずに「イー」と長く言う。
続けて「リィー」となる。
sɔːソォー
「s」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎に近づけて、その隙間から「ス」と息を出して発音する。(「ズ」と出せば「z」の音になる)
「ː」のある場所は、長く引っ張って発音する。「ɔː」は、口を大きく開けた後、唇を丸くして前に突き出した形で「オー」と長く言う。
続けて「ソォー」となる。
r(ル)
「r」は、舌の先を内側にまいて、口のどこにも触れずに「ア」と「ル」の間のような音を出す。
s
「s」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎に近づけて、その隙間から「ス」と息を出して発音する。(「ズ」と出せば「z」の音になる)
riリィ
「r」は、舌の先を内側にまいて、口のどこにも触れずに「ル」のような音を出し、すぐ後ろの母音に移動する。
「i」は、日本語の「エ」と「イ」の中間の音。「エ」と「イ」を同時に言う感じで「イ」と発音する。
続けて「リィ」となる。
zɔ'ːゾォー
「z」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎に近づけて、その隙間から「ズ」と息を出して発音する。(「ス」と出せば「s」の音になる)
「ː」のある場所は、長く引っ張って発音する。「ɔː」は、口を大きく開けた後、唇を丸くして前に突き出した形で「オー」と長く言う。
続けて「ゾォー」となる。
s
「s」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎に近づけて、その隙間から「ス」と息を出して発音する。(「ズ」と出せば「z」の音になる)
キーワードをランダムでピックアップ
coast to coastskatredundantlynetworkinsusceptibleexhibitionistaccusingchoose updignityone-base hitdreamtimebeatquartersawoccupancymagnetometermomentumexpandedC.C.apostatetriangulate