registrarの発音記号と読み方

発音記号: rédʒistrɑ`ːr |   音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  レェヂィストゥラァー(ル) |
主な意味: [名]  1 登記係, 戸籍吏, (法廷・議会の)公認の記録係.  2 (銀行などの)株主名簿係;(大学の)事務局長;(大学の)学務部長;(教育病院の医長(consultant)より下...
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
ré - dʒi - s - t - rɑ`ː - r - | - ? - –?
発音記号カナ(目安)発音の仕方
レェ
「r」は、舌の先を内側にまいて、口のどこにも触れずに「ル」のような音を出し、すぐ後ろの母音に移動する。
「e」は、日本語の「エ」とほぼ一緒だが、唇を左右に少し大きめに開ける。
続けて「レェ」となる。
dʒiヂィ
「dʒ」は、唇を前に突き出して、息だけで「ヂュ」と発音する。(「チュ」と出せば「tʃ」の音になる)
「i」は、日本語の「エ」と「イ」の中間の音。「エ」と「イ」を同時に言う感じで「イ」と発音する。
続けて「ヂィ」となる。
s
「s」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎に近づけて、その隙間から「ス」と息を出して発音する。(「ズ」と出せば「z」の音になる)
tトゥ
「t」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息を止めた状態から、急に息で「トゥ」と破裂させるように発音する。(「ドゥ」と出せば「d」の音になる)
rɑ`ːラァー
「r」は、舌の先を内側にまいて、口のどこにも触れずに「ル」のような音を出し、すぐ後ろの母音に移動する。
「ː」のある場所は、長く引っ張って発音する。「ɑː」は、口を大きく開けて、口の奥のほうから「アー」と長めに言う。
続けて「ラァー」となる。
r(ル)
「r」は、舌の先を内側にまいて、口のどこにも触れずに「ア」と「ル」の間のような音を出す。
?
(なし)
–?
キーワードをランダムでピックアップ
subjectivityhavecivilisationblunderinglydemountsoundlysmearsoftwareMohs' scaleNATOhum and hawhareliptuckahoepitheaddisentanglementso asfor one's sinsorganicismhousewiferynondriver