rackの発音記号と読み方

発音記号: rǽk  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  ラァク
主な意味: [名]  1   (1) (物を掛ける)…掛け;…台, …入れ, …架, (乗り物の)網棚, 格子棚, (電話・電子機器の)ラック, 架  (2) (棚が数段ある)ラック, 棚;(書...
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
rǽ - k
発音記号カナ(目安)発音の仕方
ラァ
「r」は、舌の先を内側にまいて、口のどこにも触れずに「ル」のような音を出し、すぐ後ろの母音に移動する。
「æ」は、「ア」と「エ」の中間のような音。両ほほを左右に引っ張り、口を横にあけて「ア」と発音する。
続けて「ラァ」となる。
k
「k」は、舌の後ろ部分を上げて、上あごの奥につけて息を止める。急に舌を離して「クッ」と息を破裂させる。(「グッ」と出せば「g」の音になる)

rackの発音記号と読み方 2

発音記号: rǽk  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  ラァク
主な意味: [名]破滅, 破壊.
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
rǽ - k
発音記号カナ(目安)発音の仕方
ラァ
「r」は、舌の先を内側にまいて、口のどこにも触れずに「ル」のような音を出し、すぐ後ろの母音に移動する。
「æ」は、「ア」と「エ」の中間のような音。両ほほを左右に引っ張り、口を横にあけて「ア」と発音する。
続けて「ラァ」となる。
k
「k」は、舌の後ろ部分を上げて、上あごの奥につけて息を止める。急に舌を離して「クッ」と息を破裂させる。(「グッ」と出せば「g」の音になる)

rackの発音記号と読み方 3

発音記号: rǽk  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  ラァク
主な意味: [名](馬の)軽駆け:速歩と常歩との中間の歩調.  [動](自)  1 〈馬が〉軽駆けする.  2 歩く.
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
rǽ - k
発音記号カナ(目安)発音の仕方
ラァ
「r」は、舌の先を内側にまいて、口のどこにも触れずに「ル」のような音を出し、すぐ後ろの母音に移動する。
「æ」は、「ア」と「エ」の中間のような音。両ほほを左右に引っ張り、口を横にあけて「ア」と発音する。
続けて「ラァ」となる。
k
「k」は、舌の後ろ部分を上げて、上あごの奥につけて息を止める。急に舌を離して「クッ」と息を破裂させる。(「グッ」と出せば「g」の音になる)

rackの発音記号と読み方 4

発音記号: rǽk  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  ラァク
主な意味: [名]  1 飛び[ちぎれ]雲(cloud rack).  2 (あらし雲の)進路.  3 跡, こん跡.  [動](自)〈雲が〉飛ぶ.
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
rǽ - k
発音記号カナ(目安)発音の仕方
ラァ
「r」は、舌の先を内側にまいて、口のどこにも触れずに「ル」のような音を出し、すぐ後ろの母音に移動する。
「æ」は、「ア」と「エ」の中間のような音。両ほほを左右に引っ張り、口を横にあけて「ア」と発音する。
続けて「ラァ」となる。
k
「k」は、舌の後ろ部分を上げて、上あごの奥につけて息を止める。急に舌を離して「クッ」と息を破裂させる。(「グッ」と出せば「g」の音になる)

rackの発音記号と読み方 5

発音記号: rǽk  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  ラァク
主な意味: [動](他)〈ワインを〉澱(おり)からしぼり取る.
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
rǽ - k
発音記号カナ(目安)発音の仕方
ラァ
「r」は、舌の先を内側にまいて、口のどこにも触れずに「ル」のような音を出し、すぐ後ろの母音に移動する。
「æ」は、「ア」と「エ」の中間のような音。両ほほを左右に引っ張り、口を横にあけて「ア」と発音する。
続けて「ラァ」となる。
k
「k」は、舌の後ろ部分を上げて、上あごの奥につけて息を止める。急に舌を離して「クッ」と息を破裂させる。(「グッ」と出せば「g」の音になる)

rackの発音記号と読み方 6

発音記号: rǽk  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  ラァク
主な意味: [名](羊・豚の)首肉;(羊などの)あばら肉.
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
rǽ - k
発音記号カナ(目安)発音の仕方
ラァ
「r」は、舌の先を内側にまいて、口のどこにも触れずに「ル」のような音を出し、すぐ後ろの母音に移動する。
「æ」は、「ア」と「エ」の中間のような音。両ほほを左右に引っ張り、口を横にあけて「ア」と発音する。
続けて「ラァ」となる。
k
「k」は、舌の後ろ部分を上げて、上あごの奥につけて息を止める。急に舌を離して「クッ」と息を破裂させる。(「グッ」と出せば「g」の音になる)
キーワードをランダムでピックアップ
overatetheosophyevidentlyassimilativecircumfluousvodkaBeatlesoysterimmurecomputernikCh'inghiccuptarifficationpercolateunwetinarguableAlgeriaCal.main-topmastaspect