overwroteの発音記号と読み方

発音記号: òuvɚróut
カタカナ読み(発音の目安):  オゥヴァロォゥトゥ
主な意味: [動] (‐wrote; ‐writ・ten) 1〈…の〉上に書く.2〈…について〉書きすぎる; 凝りすぎた[おおげさな]書き方をする. 詳しく書きすぎる.
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
òu - vɚ - róu - t
発音記号カナ(目安)発音の仕方
òuオゥ
「ou」は、二重母音。「o」から「u」へ滑らかに変化させ、1つの音として表現する(前の音ははっきりと強く、後ろの音はぼかす)。ほぼ日本語の「オゥ」で問題ないが、「u」は唇を丸くして前に突き出して発音する。
ヴァ
「v」は、上の前歯を下唇に軽く噛む感じに当てる。その隙間から「ヴ」と息を出す音。(「フ」と出せば「f」の音になる)
「ɚ」は、舌の先を内側にまいて、口のどこにも触れずに「ア」と「ウ」の間のような音を出す。語の最後にきた場合はやや長めに発音する。(アメリカ英語のみの音で、イギリス英語では代わりに「ə」を用いることが多い)
続けて「ヴァ」となる。
róuロォゥ
「r」は、舌の先を内側にまいて、口のどこにも触れずに「ル」のような音を出し、すぐ後ろの母音に移動する。
「ou」は、二重母音。「o」から「u」へ滑らかに変化させ、1つの音として表現する(前の音ははっきりと強く、後ろの音はぼかす)。ほぼ日本語の「オゥ」で問題ないが、「u」は唇を丸くして前に突き出して発音する。
続けて「ロォゥ」となる。
tトゥ
「t」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息を止めた状態から、急に息で「トゥ」と破裂させるように発音する。(「ドゥ」と出せば「d」の音になる)
キーワードをランダムでピックアップ
frutescentmankindTurk's-headapocrinecheekedveneeringespressoimponderablejingoisticsurroundingKantianflagrante delictoout of harm's wayArthur James Balfourspeakfluoroscopywell-hungclergyeousduff