ingeniousの発音記号と読み方

発音記号: indʒíːnjəs  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  インヂィーニャァス
主な意味: [形]  1 〈発明品・装置・案などが〉巧妙な, 工夫に富む, 器用にできた(▼ingenuousと混同しないこと)  2 〈人が〉発明の才[独創性]に富む;利口な  [ラテン語in...
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
i - n - dʒíː - njə - s
発音記号カナ(目安)発音の仕方
i
日本語の「エ」と「イ」の中間の音。「エ」と「イ」を同時に言う感じで「イ」と発音する。
n
「n」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息が口から出るのを止めて、「ン」という音を鼻から出す。(単語の最後にくる場合は「ン」と発音せず、軽く「ヌ」と言う感じにする)
dʒíːヂィー
「dʒ」は、唇を前に突き出して、息だけで「ヂュ」と発音する。(「チュ」と出せば「tʃ」の音になる)
「ː」のある場所は、長く引っ張って発音する。「iː」は、唇を横に引いて、上下の歯が軽く触れるくらい、口をあまり開けずに「イー」と長く言う。
続けて「ヂィー」となる。
njəニャァ
「n」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息が口から出るのを止めて、「ヌ」という音を鼻から出す。単語の最後では「ン」と発音せず、軽く「ヌ」と言う感じにする。

「j」は、日本語のヤ行の音。舌の真ん中を持ち上げて上あごに近づける。その隙間から声をきしらせて出す。単語の最後に来ることはなく、後は必ず母音である。
「ə」は、口をあまり開けずに、弱く曖昧に「ア」と言う。
続けて「ニャァ」となる。
s
「s」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎に近づけて、その隙間から「ス」と息を出して発音する。(「ズ」と出せば「z」の音になる)
キーワードをランダムでピックアップ
ephorpoultrymanmurremidsummerbuxomendo-constrainlinesmanprimdiscolourationcatch one's breathcross-pollinationreanimatedeclaimlightenBoolean algebrashamblesdisorderbladebonedrawstring