gonnaの発音記号と読み方

発音記号: gɔ'ːnə, gənə  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  ゴォーナァ , ガァナァ
主な意味: going to(+動詞の原形)のくだけた発音を表すつづり.
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
gɔ'ː - nə - , -   - gə - nə
発音記号カナ(目安)発音の仕方
gɔ'ːゴォー
「g」は、舌の後ろ部分を上げて、上あごの奥につけて息を止める。急に舌を離して「グッ」と息を破裂させる。(「クッ」と出せば「k」の音になる)
「ː」のある場所は、長く引っ張って発音する。「ɔː」は、口を大きく開けた後、唇を丸くして前に突き出した形で「オー」と長く言う。
続けて「ゴォー」となる。
ナァ
「n」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息が口から出るのを止めて、「ヌ」という音を鼻から出す。
「ə」は、口をあまり開けずに、弱く曖昧に「ア」と言う。
続けて「ナァ」となる。
ガァ
「g」は、舌の後ろ部分を上げて、上あごの奥につけて息を止める。急に舌を離して「グッ」と息を破裂させる。(「クッ」と出せば「k」の音になる)
「ə」は、口をあまり開けずに、弱く曖昧に「ア」と言う。
続けて「ガァ」となる。
ナァ
「n」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息が口から出るのを止めて、「ヌ」という音を鼻から出す。
「ə」は、口をあまり開けずに、弱く曖昧に「ア」と言う。
続けて「ナァ」となる。
キーワードをランダムでピックアップ
no-codeall butsandpericarpcredalo'unpracticedsnagobligationeustasyJeffersonexasperatedlypetertwo-timesanitaryglomeratethree R'shausfrauotalgiaornithologist