genomeの発音記号と読み方

発音記号: dʒíːnoum, -nɑm | -nɔm  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  ヂィーノォゥム , ナァム | ノォム
主な意味: [名]《遺伝学》ゲノム:その生物を作るために最低限必要な遺伝情報. ヒトの場合は23種類の染色体に存在するすべての遺伝情報に相当.
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
dʒíː - nou - m - , -   - nɑ - m - | - nɔ - m
発音記号カナ(目安)発音の仕方
dʒíːヂィー
「dʒ」は、唇を前に突き出して、息だけで「ヂュ」と発音する。(「チュ」と出せば「tʃ」の音になる)
「ː」のある場所は、長く引っ張って発音する。「iː」は、唇を横に引いて、上下の歯が軽く触れるくらい、口をあまり開けずに「イー」と長く言う。
続けて「ヂィー」となる。
nouノォゥ
「n」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息が口から出るのを止めて、「ヌ」という音を鼻から出す。
「ou」は、二重母音。「o」から「u」へ滑らかに変化させ、1つの音として表現する(前の音ははっきりと強く、後ろの音はぼかす)。ほぼ日本語の「オゥ」で問題ないが、「u」は唇を丸くして前に突き出して発音する。
続けて「ノォゥ」となる。
m
「m」は、唇を閉じて口から息が出るの止め、「ム」という声を鼻を通して出す。(但し、単語の途中で後ろに母音がないときは「ン」に近い音になる)
ナァ
「n」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息が口から出るのを止めて、「ヌ」という音を鼻から出す。
「ɑ」は、アメリカ英語の音で、口を大きく開けて、短く「ア」と言う。イギリス英語だと「ɔ」になる。「オ」と発音しても通用する。
続けて「ナァ」となる。
m
「m」は、唇を閉じて口から息が出るの止め、「ム」という声を鼻を通して出す。(但し、単語の途中で後ろに母音がないときは「ン」に近い音になる)
ノォ
「n」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息が口から出るのを止めて、「ヌ」という音を鼻から出す。
「ɔ」は、口を大きく開けた後、唇を丸くして前に突き出した形で、短く「オ」と発音する。
続けて「ノォ」となる。
m
「m」は、唇を閉じて口から息が出るの止め、「ム」という声を鼻を通して出す。(但し、単語の途中で後ろに母音がないときは「ン」に近い音になる)
キーワードをランダムでピックアップ
ripsawself-contentdisapprovinglydrewcongestiontadpolebioplainnesswhistle-stopcaitiffhair‐triggeriatrogenichotbedpush insuggestibleglobularoctosyllablesnap a person's head offsupertonicET