frostの発音記号と読み方

発音記号: frɔ'ːst | frɔ'st  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  フロォーストゥ | フロォストゥ
主な意味: [名]  1 霜, 白霜(hoar frost);霜が降りること  2 結霜, 結氷;凍りつく[霜が降りる]寒気, (特に氷点下の)厳寒;氷点下  3 (人の)白い呼気.  
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
f - rɔ'ː - s - t - | - f - rɔ' - s - t
発音記号カナ(目安)発音の仕方
f
「f」は、上の前歯を下唇に軽く噛む感じに当てる。その隙間から「フ」と息を出す音。(「ヴ」と出せば「v」の音になる)
rɔ'ːロォー
「r」は、舌の先を内側にまいて、口のどこにも触れずに「ル」のような音を出し、すぐ後ろの母音に移動する。
「ː」のある場所は、長く引っ張って発音する。「ɔː」は、口を大きく開けた後、唇を丸くして前に突き出した形で「オー」と長く言う。
続けて「ロォー」となる。
s
「s」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎に近づけて、その隙間から「ス」と息を出して発音する。(「ズ」と出せば「z」の音になる)
tトゥ
「t」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息を止めた状態から、急に息で「トゥ」と破裂させるように発音する。(「ドゥ」と出せば「d」の音になる)
f
「f」は、上の前歯を下唇に軽く噛む感じに当てる。その隙間から「フ」と息を出す音。(「ヴ」と出せば「v」の音になる)
rɔ'ロォ
「r」は、舌の先を内側にまいて、口のどこにも触れずに「ル」のような音を出し、すぐ後ろの母音に移動する。
「ɔ」は、口を大きく開けた後、唇を丸くして前に突き出した形で、短く「オ」と発音する。
続けて「ロォ」となる。
s
「s」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎に近づけて、その隙間から「ス」と息を出して発音する。(「ズ」と出せば「z」の音になる)
tトゥ
「t」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息を止めた状態から、急に息で「トゥ」と破裂させるように発音する。(「ドゥ」と出せば「d」の音になる)
キーワードをランダムでピックアップ
stuck-upmagnificationconfederalpedatelysilverlyMansionsanophelesipecaccontiguitycardiganhistogenesisSmithecstasizeWalkmantuberloonuncountedintranetMirandaradix