becameの発音記号と読み方

発音記号: bikéim  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  ビィケェィム
主な意味: [動]becomeの過去形.
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
bi - kéi - m
発音記号カナ(目安)発音の仕方
biビィ
「b」は、唇を閉じて息を止める。その状態から急に「ブッ」と唇を破裂させて発音する。(「プッ」と出せば「p」の音になる)
「i」は、日本語の「エ」と「イ」の中間の音。「エ」と「イ」を同時に言う感じで「イ」と発音する。
続けて「ビィ」となる。
kéiケェィ
「k」は、舌の後ろ部分を上げて、上あごの奥につけて息を止める。急に舌を離して「クッ」と息を破裂させる。(「グッ」と出せば「g」の音になる)
「ei」は、二重母音。「e」から「i」へ滑らかに変化させ、1つの音のように表現する(前の音ははっきりと強く、後ろの音はぼかす)。日本語の「エ」より少し舌を緊張させて、発音の終わりは口を狭くして「エィ」と言う。
続けて「ケェィ」となる。
m
「m」は、唇を閉じて口から息が出るの止め、「ム」という声を鼻を通して出す。(但し、単語の途中で後ろに母音がないときは「ン」に近い音になる)
キーワードをランダムでピックアップ
percolationcome betweenSagittarianelectrodynamometerpetrographybreakevenCapotebearingwith a high handlandsmanenlisteeAustralasiapicaroonsimplyOxonindemonstrablepostulatecoperschoolmasterdrainage