antonomasiaの発音記号と読み方

発音記号: æ`ntənəméiʒə | -ziə  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  アンタァナァメェィジャ | ズィア
主な意味: [名]《修辞学》換称, 代称.  1 固有名詞の代わりに形容辞・普通名詞・官職などを用いること(例the PhilosopherでAristotleを表す).  2 普通名詞の代わりにある特徴で著...
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
æ` - n - tə - nə - méi - ʒə - | - zi - ə
発音記号カナ(目安)発音の仕方
æ`
「ア」と「エ」の中間のような音。両ほほを左右に引っ張り、口を横にあけて「ア」と発音する。
n
「n」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息が口から出るのを止めて、「ン」という音を鼻から出す。(単語の最後にくる場合は「ン」と発音せず、軽く「ヌ」と言う感じにする)
タァ
「t」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息を止めた状態から、急に息で「トゥ」と破裂させるように発音する。(「ドゥ」と出せば「d」の音になる)
「ə」は、口をあまり開けずに、弱く曖昧に「ア」と言う。
続けて「タァ」となる。
ナァ
「n」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息が口から出るのを止めて、「ヌ」という音を鼻から出す。
「ə」は、口をあまり開けずに、弱く曖昧に「ア」と言う。
続けて「ナァ」となる。
méiメェィ
「m」は、唇を閉じて口から息が出るの止め、「ム」という声を鼻を通して出す。
「ei」は、二重母音。「e」から「i」へ滑らかに変化させ、1つの音のように表現する(前の音ははっきりと強く、後ろの音はぼかす)。日本語の「エ」より少し舌を緊張させて、発音の終わりは口を狭くして「エィ」と言う。
続けて「メェィ」となる。
ʒəジャ
「ʒ」は、唇を丸く突き出して、舌の先を上の歯茎に近づけて「ジュ」と息を吐いて音を出す。(「シュ」と出せば「ʃ」の音になる)
「ə」は、口をあまり開けずに、弱く曖昧に「ア」と言う。
続けて「ジャ」となる。
ziズィ
「z」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎に近づけて、その隙間から「ズ」と息を出して発音する。(「ス」と出せば「s」の音になる)
「i」は、日本語の「エ」と「イ」の中間の音。「エ」と「イ」を同時に言う感じで「イ」と発音する。
続けて「ズィ」となる。
ə
口をあまり開けずに、弱く曖昧に「ア」と言う。
キーワードをランダムでピックアップ
ad.passion fruitforeyardUral-AltaicDow‐Jones averagerainrhythmicsdroverlaminapedunculatelifterjoin issuehot-water bagstircurricularAtroposunwished-forlacrimatoryspicateresurrectionist