amenの発音記号と読み方

発音記号: èimén, ɑ`ːmén  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  エイメェン(ヌ) , アーメェン(ヌ)
主な意味: [間]  1 アーメン:キリスト教徒が祈りの終わりに唱える語  2 しかり, (…に)同感  [名]  1 アーメンと唱えること;その節回し  
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
è - i - mé - n - , -   - ɑ`ː - mé - n
発音記号カナ(目安)発音の仕方
è
日本語の「エ」とほぼ一緒だが、唇を左右に少し大きめに開ける。
i
日本語の「エ」と「イ」の中間の音。「エ」と「イ」を同時に言う感じで「イ」と発音する。
メェ
「m」は、唇を閉じて口から息が出るの止め、「ム」という声を鼻を通して出す。
「e」は、日本語の「エ」とほぼ一緒だが、唇を左右に少し大きめに開ける。
続けて「メェ」となる。
nン(ヌ)
単語の最後にくる「n」。舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につけ、息が口から出るのを止めて、軽く「ヌ」を言う感じで「ン」を鼻から発音する。(単語の途中で後ろに母音がないときの方が「ン」に聞こえる)
ɑ`ːアー
「ː」のある場所は、長く引っ張って発音する。「ɑː」は、口を大きく開けて、口の奥のほうから「アー」と長めに言う。
メェ
「m」は、唇を閉じて口から息が出るの止め、「ム」という声を鼻を通して出す。
「e」は、日本語の「エ」とほぼ一緒だが、唇を左右に少し大きめに開ける。
続けて「メェ」となる。
nン(ヌ)
単語の最後にくる「n」。舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につけ、息が口から出るのを止めて、軽く「ヌ」を言う感じで「ン」を鼻から発音する。(単語の途中で後ろに母音がないときの方が「ン」に聞こえる)

amenの発音記号と読み方 2

発音記号: ɑ'ːmən  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  アーマァン(ヌ)
主な意味: [名]アメン:古代エジプトの主神で大気[生命]の神格化されたもの.
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
ɑ'ː - mə - n
発音記号カナ(目安)発音の仕方
ɑ'ːアー
「ː」のある場所は、長く引っ張って発音する。「ɑː」は、口を大きく開けて、口の奥のほうから「アー」と長めに言う。
マァ
「m」は、唇を閉じて口から息が出るの止め、「ム」という声を鼻を通して出す。
「ə」は、口をあまり開けずに、弱く曖昧に「ア」と言う。
続けて「マァ」となる。
nン(ヌ)
単語の最後にくる「n」。舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につけ、息が口から出るのを止めて、軽く「ヌ」を言う感じで「ン」を鼻から発音する。(単語の途中で後ろに母音がないときの方が「ン」に聞こえる)
キーワードをランダムでピックアップ
SunbelthydrometrichexsaccharateswoonindenturedDarvonimmediateGerard Manley Hopkinspay inexpeditiouspistilEtonianpledgetcoprolitedust offset the world on firered-pencilground basskeeping