althoughの発音記号と読み方

発音記号: ɔːlðóu  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  オールゾォゥ
主な意味: [接]たとえ…でも, …とは言え, …だが  [語法]althoughとthough─  (1) ほぼ同義だがthoughのほうがはるかに一般的で, althoughはやや.  (2) 比較的堅い文章, 主節に先...
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
ɔː - l - ðóu
発音記号カナ(目安)発音の仕方
ɔːオー
「ː」のある場所は、長く引っ張って発音する。「ɔː」は、口を大きく開けた後、唇を丸くして前に突き出した形で「オー」と長く言う。
l
「l」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。その状態で舌の両側から「ウ」と「ル」を同時に出すように発音する。
ðóuゾォゥ
「ð」は、舌の先を上の前歯で軽くかむ感じに当て、その隙間から「ズ」と息を出す。(「ス」と出せば「θ」の音になる)
「ou」は、二重母音。「o」から「u」へ滑らかに変化させ、1つの音として表現する(前の音ははっきりと強く、後ろの音はぼかす)。ほぼ日本語の「オゥ」で問題ないが、「u」は唇を丸くして前に突き出して発音する。
続けて「ゾォゥ」となる。
キーワードをランダムでピックアップ
famishedin waitingnecrotizemalariaassailday-trippernodogmaticalmifepristonecontemporarygagecankerousappearbergschrundat thatSederGogolxanthousthunderouslyin no time