a fortioriの発音記号と読み方

発音記号: èifɔɚ`ʃiɔ'ːrɑi  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  エイフォアシィオーラァイ
主な意味: いっそう有力な理由で(for a stronger reason);なおさら.
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
è - i - fɔ - ɚ` - ʃi - ɔ'ː - rɑ - i
発音記号カナ(目安)発音の仕方
è
日本語の「エ」とほぼ一緒だが、唇を左右に少し大きめに開ける。
i
日本語の「エ」と「イ」の中間の音。「エ」と「イ」を同時に言う感じで「イ」と発音する。
フォ
「f」は、上の前歯を下唇に軽く噛む感じに当てる。その隙間から「フ」と息を出す音。(「ヴ」と出せば「v」の音になる)
「ɔ」は、口を大きく開けた後、唇を丸くして前に突き出した形で、短く「オ」と発音する。
続けて「フォ」となる。
ɚ`
舌の先を内側にまいて、口のどこにも触れずに「ア」と「ウ」の間のような音を出す。語の最後にきた場合はやや長めに発音する。(アメリカ英語のみの音で、イギリス英語では代わりに「ə」を用いることが多い)
ʃiシィ
「ʃ」は、唇を丸く突き出して、舌の先を上の歯茎に近づけて「シュ」と息だけで音を出す。(「ジュ」と出せば「ʒ」の音になる)
「i」は、日本語の「エ」と「イ」の中間の音。「エ」と「イ」を同時に言う感じで「イ」と発音する。
続けて「シィ」となる。
ɔ'ːオー
「ː」のある場所は、長く引っ張って発音する。「ɔː」は、口を大きく開けた後、唇を丸くして前に突き出した形で「オー」と長く言う。
ラァ
「r」は、舌の先を内側にまいて、口のどこにも触れずに「ル」のような音を出し、すぐ後ろの母音に移動する。
「ɑ」は、アメリカ英語の音で、口を大きく開けて、短く「ア」と言う。イギリス英語だと「ɔ」になる。「オ」と発音しても通用する。
続けて「ラァ」となる。
i
日本語の「エ」と「イ」の中間の音。「エ」と「イ」を同時に言う感じで「イ」と発音する。
キーワードをランダムでピックアップ
toyshoppillockexecuteidolatrynamby-pambycaptivateillingo amuckdepreciatewingovergussyinwardnessbaddyimaginativeSpinozarelivetheserubberwaltzDeccan