ZETAの発音記号と読み方

発音記号: zéitə | zíː-  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  ゼェィタァ | ズィー
主な意味: [名]ゼータ(Ζ, ζ):ギリシャ語アルファベットの第6字. ▼英語ではZ, zと表記される.
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
zéi - tə - | - zíː
発音記号カナ(目安)発音の仕方
zéiゼェィ
「z」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎に近づけて、その隙間から「ズ」と息を出して発音する。(「ス」と出せば「s」の音になる)
「ei」は、二重母音。「e」から「i」へ滑らかに変化させ、1つの音のように表現する(前の音ははっきりと強く、後ろの音はぼかす)。日本語の「エ」より少し舌を緊張させて、発音の終わりは口を狭くして「エィ」と言う。
続けて「ゼェィ」となる。
タァ
「t」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息を止めた状態から、急に息で「トゥ」と破裂させるように発音する。(「ドゥ」と出せば「d」の音になる)
「ə」は、口をあまり開けずに、弱く曖昧に「ア」と言う。
続けて「タァ」となる。
zíːズィー
「z」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎に近づけて、その隙間から「ズ」と息を出して発音する。(「ス」と出せば「s」の音になる)
「ː」のある場所は、長く引っ張って発音する。「iː」は、唇を横に引いて、上下の歯が軽く触れるくらい、口をあまり開けずに「イー」と長く言う。
続けて「ズィー」となる。

ZETAの発音記号と読み方 2

発音記号: zíːtə  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  ズィータァ
主な意味: [名]《物理学》ジータ:制御熱核反応実験装置.  [zero-energy thermonuclear apparatus]
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
zíː - tə
発音記号カナ(目安)発音の仕方
zíːズィー
「z」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎に近づけて、その隙間から「ズ」と息を出して発音する。(「ス」と出せば「s」の音になる)
「ː」のある場所は、長く引っ張って発音する。「iː」は、唇を横に引いて、上下の歯が軽く触れるくらい、口をあまり開けずに「イー」と長く言う。
続けて「ズィー」となる。
タァ
「t」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息を止めた状態から、急に息で「トゥ」と破裂させるように発音する。(「ドゥ」と出せば「d」の音になる)
「ə」は、口をあまり開けずに、弱く曖昧に「ア」と言う。
続けて「タァ」となる。
キーワードをランダムでピックアップ
corroboreewood sorrelgenius lociterritorialityfortune-telleranastrophesamiteretentivescabincombustibilitymercymopehot flushscarcitymetaphorwillyOUtheticunquestioningconvertor