Satyagrahaの発音記号と読み方

発音記号: sʌ'tjəgrʌ`hə  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  サァテャァグラァハァ
主な意味: [名](インドで)真理把持運動:Gandhiが始めた非暴力不服従抵抗政策.
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
sʌ' - tjə - g - rʌ` - hə
発音記号カナ(目安)発音の仕方
sʌ'サァ
「s」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎に近づけて、その隙間から「ス」と息を出して発音する。(「ズ」と出せば「z」の音になる)
「ʌ」は、日本語の「ア」とほぼ一緒。口を中くらい開けて、短く「ア」と言う。
続けて「サァ」となる。
tjəテャァ
「t」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息を止めた状態から、急に息で「トゥ」と破裂させるように発音する。(「ドゥ」と出せば「d」の音になる)

「j」は、日本語のヤ行の音。舌の真ん中を持ち上げて上あごに近づける。その隙間から声をきしらせて出す。単語の最後に来ることはなく、後は必ず母音である。
「ə」は、口をあまり開けずに、弱く曖昧に「ア」と言う。
続けて「テャァ」となる。
g
「g」は、舌の後ろ部分を上げて、上あごの奥につけて息を止める。急に舌を離して「グッ」と息を破裂させる。(「クッ」と出せば「k」の音になる)
rʌ`ラァ
「r」は、舌の先を内側にまいて、口のどこにも触れずに「ル」のような音を出し、すぐ後ろの母音に移動する。
「ʌ」は、日本語の「ア」とほぼ一緒。口を中くらい開けて、短く「ア」と言う。
続けて「ラァ」となる。
ハァ
「h」は、後に続く母音と同じ口の構えで、息を吐きながらハ行の発音をする。この音は、単語の終わりには来ない。
「ə」は、口をあまり開けずに、弱く曖昧に「ア」と言う。
続けて「ハァ」となる。
キーワードをランダムでピックアップ
let up onsatinyKaddishveniremanaye‐ayepowerhouseworrywartJonahbenefactormusingfossickcaramelizehiyatacticaldecillioneconomistalluvionmuddlerBriardpreponderant