Nibelungenliedの発音記号と読み方

発音記号: níːbəlùŋənlìːd  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  ニィーバァルゥン(ガ)ァンリィードゥ
主な意味: [名] [the Nibelungenlied] ニーベルンゲンの歌 《13 世紀前半に南ドイツでまとめられた叙事詩; cf. Siegfried》.
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
níː - bə - lù - ŋə - n - lìː - d
発音記号カナ(目安)発音の仕方
níːニィー
「n」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息が口から出るのを止めて、「ヌ」という音を鼻から出す。
「ː」のある場所は、長く引っ張って発音する。「iː」は、唇を横に引いて、上下の歯が軽く触れるくらい、口をあまり開けずに「イー」と長く言う。
続けて「ニィー」となる。
バァ
「b」は、唇を閉じて息を止める。その状態から急に「ブッ」と唇を破裂させて発音する。(「プッ」と出せば「p」の音になる)
「ə」は、口をあまり開けずに、弱く曖昧に「ア」と言う。
続けて「バァ」となる。
ルゥ
「l」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。その状態で舌の両側から「ウ」と「ル」を同時に出すように発音する。
「u」は、唇を丸く突き出して、軽く「ウ」と発音する。
続けて「ルゥ」となる。
ŋəン(ガ)ァ
「ŋ」は、舌の後ろ部分を上げて、上あごの奥につけて息を止める。鼻を通して「ン(グ)と発音する。(グ)の部分は言いかけて止めるくらいの曖昧に音を出す。この音は、単語のはじめには来ない。
「ə」は、口をあまり開けずに、弱く曖昧に「ア」と言う。
続けて「ン(ガ)ァ」となる。
n
「n」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息が口から出るのを止めて、「ン」という音を鼻から出す。(単語の最後にくる場合は「ン」と発音せず、軽く「ヌ」と言う感じにする)
lìːリィー
「l」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。その状態で舌の両側から「ウ」と「ル」を同時に出すように発音する。
「ː」のある場所は、長く引っ張って発音する。「iː」は、唇を横に引いて、上下の歯が軽く触れるくらい、口をあまり開けずに「イー」と長く言う。
続けて「リィー」となる。
dドゥ
「d」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息を止めた状態から、急に息で「ドゥ」と破裂させるように発音する。(「トゥ」と出せば「t」の音になる)
キーワードをランダムでピックアップ
Santo DomingoAnzacLonghorndiastrophismmonogenesisNissen hutmercurialismnectaryparaesthesiapramcavalierlyexcretionflatulentchutzpathorpescraperboardfashmeanlyquitclaimglug