Monseigneurの発音記号と読み方

発音記号: mɔːŋseinjə'ːr  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  モォーン(グ)セェィニャァー(ル)
主な意味: [名](複Mes・sei・gneurs 〔mèiseinjə'ːr〕)  1 殿下, 閣下, 猊下(げいか):フランスの王族・大司教・枢機卿(けい)などへの尊称. ▼官職名の前につける...
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
mɔː - ŋ - sei - njə'ː - r
発音記号カナ(目安)発音の仕方
mɔːモォー
「m」は、唇を閉じて口から息が出るの止め、「ム」という声を鼻を通して出す。
「ː」のある場所は、長く引っ張って発音する。「ɔː」は、口を大きく開けた後、唇を丸くして前に突き出した形で「オー」と長く言う。
続けて「モォー」となる。
ŋン(グ)
「ŋ」は、舌の後ろ部分を上げて、上あごの奥につけて息を止める。鼻を通して「ン(グ)と発音する。(グ)の部分は言いかけて止めるくらいの曖昧に音を出す。この音は、単語のはじめには来ない。
seiセェィ
「s」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎に近づけて、その隙間から「ス」と息を出して発音する。(「ズ」と出せば「z」の音になる)
「ei」は、二重母音。「e」から「i」へ滑らかに変化させ、1つの音のように表現する(前の音ははっきりと強く、後ろの音はぼかす)。日本語の「エ」より少し舌を緊張させて、発音の終わりは口を狭くして「エィ」と言う。
続けて「セェィ」となる。
njə'ːニャァー
「n」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息が口から出るのを止めて、「ヌ」という音を鼻から出す。単語の最後では「ン」と発音せず、軽く「ヌ」と言う感じにする。

「j」は、日本語のヤ行の音。舌の真ん中を持ち上げて上あごに近づける。その隙間から声をきしらせて出す。単語の最後に来ることはなく、後は必ず母音である。
「ː」のある場所は、長く引っ張って発音する。「əː」は、唇を横に引いて、上下の歯が軽く触れるくらい、口をあまり開けずに「アー」と長く言う。
続けて「ニャァー」となる。
r(ル)
「r」は、舌の先を内側にまいて、口のどこにも触れずに「ア」と「ル」の間のような音を出す。
キーワードをランダムでピックアップ
awe-inspiringchrominanceMal.conflictingmonoclonalsuccinctadd upoff-loadmulctdenaryhmRothschildattemptmesophyllput a bug in a person's earundertakingisochromaticapatosaurusfeatamygdale