MS-DOSの発音記号と読み方

発音記号: émès dɔ'ːs | dɔ's  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  エメェス ドォース | ドォス
主な意味: [名]エムエスドス:(マイクロソフト社の開発した)IBMパソコンとその互換機の基本ソフト.  [Microsoft disk operating system]
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
é - mè - s -   - dɔ'ː - s - | - dɔ' - s
発音記号カナ(目安)発音の仕方
é
日本語の「エ」とほぼ一緒だが、唇を左右に少し大きめに開ける。
メェ
「m」は、唇を閉じて口から息が出るの止め、「ム」という声を鼻を通して出す。
「e」は、日本語の「エ」とほぼ一緒だが、唇を左右に少し大きめに開ける。
続けて「メェ」となる。
s
「s」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎に近づけて、その隙間から「ス」と息を出して発音する。(「ズ」と出せば「z」の音になる)
dɔ'ːドォー
「d」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息を止めた状態から、急に息で「ドゥ」と破裂させるように発音する。(「トゥ」と出せば「t」の音になる)
「ː」のある場所は、長く引っ張って発音する。「ɔː」は、口を大きく開けた後、唇を丸くして前に突き出した形で「オー」と長く言う。
続けて「ドォー」となる。
s
「s」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎に近づけて、その隙間から「ス」と息を出して発音する。(「ズ」と出せば「z」の音になる)
dɔ'ドォ
「d」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息を止めた状態から、急に息で「ドゥ」と破裂させるように発音する。(「トゥ」と出せば「t」の音になる)
「ɔ」は、口を大きく開けた後、唇を丸くして前に突き出した形で、短く「オ」と発音する。
続けて「ドォ」となる。
s
「s」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎に近づけて、その隙間から「ス」と息を出して発音する。(「ズ」と出せば「z」の音になる)
キーワードをランダムでピックアップ
incriminationritualizewyesonoversewsartorialhabituallyactivategesturallayetteepizoonnewsulph-ostiaryappreciatorydesuetudeBunsen burnerlove-in-a-mistcensorialspangly