Justinianの発音記号と読み方

発音記号: dʒʌstíniən  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  ヂャスティィニィアン(ヌ)
主な意味: [名] ユスティニアヌス 1 世 《483‐565; 東ローマ帝国皇帝 (527‐565); 「ユスティニアヌス法典」(the Justinian Code)を作る》.
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
dʒʌ - s - tí - ni - ə - n
発音記号カナ(目安)発音の仕方
dʒʌヂャ
「dʒ」は、唇を前に突き出して、息だけで「ヂュ」と発音する。(「チュ」と出せば「tʃ」の音になる)
「ʌ」は、日本語の「ア」とほぼ一緒。口を中くらい開けて、短く「ア」と言う。
続けて「ヂャ」となる。
s
「s」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎に近づけて、その隙間から「ス」と息を出して発音する。(「ズ」と出せば「z」の音になる)
ティィ
「t」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息を止めた状態から、急に息で「トゥ」と破裂させるように発音する。(「ドゥ」と出せば「d」の音になる)
「i」は、日本語の「エ」と「イ」の中間の音。「エ」と「イ」を同時に言う感じで「イ」と発音する。
続けて「ティィ」となる。
niニィ
「n」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息が口から出るのを止めて、「ヌ」という音を鼻から出す。
「i」は、日本語の「エ」と「イ」の中間の音。「エ」と「イ」を同時に言う感じで「イ」と発音する。
続けて「ニィ」となる。
ə
口をあまり開けずに、弱く曖昧に「ア」と言う。
nン(ヌ)
単語の最後にくる「n」。舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につけ、息が口から出るのを止めて、軽く「ヌ」を言う感じで「ン」を鼻から発音する。(単語の途中で後ろに母音がないときの方が「ン」に聞こえる)
キーワードをランダムでピックアップ
uncookeddadamultihullgyneco-macholeft‐wingeruncivilchildishapplybetter‐lookinglavalavabougietwangresinoidrevolvinginfantilizevade mecumintelligentsongfestRobodoc