Junoの発音記号と読み方

発音記号: dʒúːnou  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  ヂューノォゥ
主な意味: [名]  1 《ローマ神話》ユノ:ローマ最高の女神.   2 《天文》ユーノー:小惑星の一つ.
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
dʒúː - nou
発音記号カナ(目安)発音の仕方
dʒúːヂュー
「dʒ」は、唇を前に突き出して、息だけで「ヂュ」と発音する。(「チュ」と出せば「tʃ」の音になる)
「ː」のある場所は、長く引っ張って発音する。「uː」は、唇を丸く突き出して「ウー」と長めに音を出す。
続けて「ヂュー」となる。
nouノォゥ
「n」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息が口から出るのを止めて、「ヌ」という音を鼻から出す。
「ou」は、二重母音。「o」から「u」へ滑らかに変化させ、1つの音として表現する(前の音ははっきりと強く、後ろの音はぼかす)。ほぼ日本語の「オゥ」で問題ないが、「u」は唇を丸くして前に突き出して発音する。
続けて「ノォゥ」となる。
キーワードをランダムでピックアップ
s-mailpratiquerelativecitizenrywarpedogleastronautchophousenonmemberpostagebelugavolubilitynaphthaLilithJames Wattd'youinquire aftermicroclimatemicrocephalydosser