Jerusalemの発音記号と読み方

発音記号: dʒərúːsələm  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  ヂャルゥーサァラァム
主な意味: [名]エルサレム:古代パレスチナの首都;1950年以降イスラエルの首都(国際的には未承認).
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
dʒə - rúː - sə - lə - m
発音記号カナ(目安)発音の仕方
dʒəヂャ
「dʒ」は、唇を前に突き出して、息だけで「ヂュ」と発音する。(「チュ」と出せば「tʃ」の音になる)
「ə」は、口をあまり開けずに、弱く曖昧に「ア」と言う。
続けて「ヂャ」となる。
rúːルゥー
「r」は、舌の先を内側にまいて、口のどこにも触れずに「ル」のような音を出し、すぐ後ろの母音に移動する。
「ː」のある場所は、長く引っ張って発音する。「uː」は、唇を丸く突き出して「ウー」と長めに音を出す。
続けて「ルゥー」となる。
サァ
「s」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎に近づけて、その隙間から「ス」と息を出して発音する。(「ズ」と出せば「z」の音になる)
「ə」は、口をあまり開けずに、弱く曖昧に「ア」と言う。
続けて「サァ」となる。
ラァ
「l」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。その状態で舌の両側から「ウ」と「ル」を同時に出すように発音する。
「ə」は、口をあまり開けずに、弱く曖昧に「ア」と言う。
続けて「ラァ」となる。
m
「m」は、唇を閉じて口から息が出るの止め、「ム」という声を鼻を通して出す。(但し、単語の途中で後ろに母音がないときは「ン」に近い音になる)
キーワードをランダムでピックアップ
detaindistinctnessmonksestetusefulstick-to-it-ivepass outback out ofunitchieftaintrapon the bowbatsmanelectrophoretogramchikick offgo for itPROLOGsecundSofia