Hooperatingの発音記号と読み方

発音記号: húːpərèitiŋ
カタカナ読み(発音の目安):  フゥーパァレェイティィン(グ)
主な意味: [名]フーパーレイティング:ラジオ・テレビの, 電話での聴き取りによる視聴率調査. (またHóoper ràting)[米国の統計学者Claude E. Hooper(d. 1954)]
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
húː - pə - rè - i - ti - ŋ
発音記号カナ(目安)発音の仕方
húːフゥー
「h」は、後に続く母音と同じ口の構えで、息を吐きながらハ行の発音をする。この音は、単語の終わりには来ない。
「ː」のある場所は、長く引っ張って発音する。「uː」は、唇を丸く突き出して「ウー」と長めに音を出す。
続けて「フゥー」となる。
パァ
「p」は、唇を閉じて息を止める。その状態から急に「プッ」と唇を破裂させて発音する。(「ブッ」と出せば「b」の音になる)
「ə」は、口をあまり開けずに、弱く曖昧に「ア」と言う。
続けて「パァ」となる。
レェ
「r」は、舌の先を内側にまいて、口のどこにも触れずに「ル」のような音を出し、すぐ後ろの母音に移動する。
「e」は、日本語の「エ」とほぼ一緒だが、唇を左右に少し大きめに開ける。
続けて「レェ」となる。
i
日本語の「エ」と「イ」の中間の音。「エ」と「イ」を同時に言う感じで「イ」と発音する。
tiティィ
「t」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息を止めた状態から、急に息で「トゥ」と破裂させるように発音する。(「ドゥ」と出せば「d」の音になる)
「i」は、日本語の「エ」と「イ」の中間の音。「エ」と「イ」を同時に言う感じで「イ」と発音する。
続けて「ティィ」となる。
ŋン(グ)
「ŋ」は、舌の後ろ部分を上げて、上あごの奥につけて息を止める。鼻を通して「ン(グ)と発音する。(グ)の部分は言いかけて止めるくらいの曖昧に音を出す。この音は、単語のはじめには来ない。
キーワードをランダムでピックアップ
souvenirper seairfieldinfernofungusfronterunderlaycanonrymoonlightingamino-shoatdevotionvetoustbendlaconicgobbeechensordidfrigate bird