Hindustanの発音記号と読み方

発音記号: hìndustɑ'ːn  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  ヒィンドゥゥスタァーン(ヌ)
主な意味: [名]ヒンドスタン.  1 インドのペルシア語名;特にDeccan高原北方.  2 (イスラム教徒の多いPakistan地域に対し)ヒンズー教徒の多いインド地域.
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
hì - n - du - s - tɑ'ː - n
発音記号カナ(目安)発音の仕方
ヒィ
「h」は、後に続く母音と同じ口の構えで、息を吐きながらハ行の発音をする。この音は、単語の終わりには来ない。
「i」は、日本語の「エ」と「イ」の中間の音。「エ」と「イ」を同時に言う感じで「イ」と発音する。
続けて「ヒィ」となる。
n
「n」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息が口から出るのを止めて、「ン」という音を鼻から出す。(単語の最後にくる場合は「ン」と発音せず、軽く「ヌ」と言う感じにする)
duドゥゥ
「d」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息を止めた状態から、急に息で「ドゥ」と破裂させるように発音する。(「トゥ」と出せば「t」の音になる)
「u」は、唇を丸く突き出して、軽く「ウ」と発音する。
続けて「ドゥゥ」となる。
s
「s」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎に近づけて、その隙間から「ス」と息を出して発音する。(「ズ」と出せば「z」の音になる)
tɑ'ːタァー
「t」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息を止めた状態から、急に息で「トゥ」と破裂させるように発音する。(「ドゥ」と出せば「d」の音になる)
「ː」のある場所は、長く引っ張って発音する。「ɑː」は、口を大きく開けて、口の奥のほうから「アー」と長めに言う。
続けて「タァー」となる。
nン(ヌ)
単語の最後にくる「n」。舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につけ、息が口から出るのを止めて、軽く「ヌ」を言う感じで「ン」を鼻から発音する。(単語の途中で後ろに母音がないときの方が「ン」に聞こえる)
キーワードをランダムでピックアップ
villainousphonichypsometrycloddishquidlaid-backsteppingkneepadcabanafroplaguytraverseincantatoryin deep shitchurchwomanunionizeSIMMminuteopticsmortmain