Fahrenheitの発音記号と読み方

発音記号: fǽrənhàit  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  ファラァンハァィトゥ
主な意味: [名]カ氏温度計[目盛り]:セ氏0°はカ氏32°, セ氏100°はカ氏212°.   [形]カ氏温度計[目盛り]の(略:F, Fah(r).)  [ドイツの物理学者Gabriel Daniel Fahrenheit...
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
fǽ - rə - n - hài - t
発音記号カナ(目安)発音の仕方
ファ
「f」は、上の前歯を下唇に軽く噛む感じに当てる。その隙間から「フ」と息を出す音。(「ヴ」と出せば「v」の音になる)
「æ」は、「ア」と「エ」の中間のような音。両ほほを左右に引っ張り、口を横にあけて「ア」と発音する。
続けて「ファ」となる。
ラァ
「r」は、舌の先を内側にまいて、口のどこにも触れずに「ル」のような音を出し、すぐ後ろの母音に移動する。
「ə」は、口をあまり開けずに、弱く曖昧に「ア」と言う。
続けて「ラァ」となる。
n
「n」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息が口から出るのを止めて、「ン」という音を鼻から出す。(単語の最後にくる場合は「ン」と発音せず、軽く「ヌ」と言う感じにする)
hàiハァィ
「h」は、後に続く母音と同じ口の構えで、息を吐きながらハ行の発音をする。この音は、単語の終わりには来ない。
「a」は、「ai」は、二重母音。「a」から「i」へ滑らかに変化させ、1つの音のように表現する(前の音ははっきりと強く、後ろの音はぼかす)。発音の初めは口を広く開けて、発音の終わりは口を狭くして「アィ」と言う。
続けて「ハァィ」となる。
tトゥ
「t」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息を止めた状態から、急に息で「トゥ」と破裂させるように発音する。(「ドゥ」と出せば「d」の音になる)
キーワードをランダムでピックアップ
regulationDundee cakecalechehelmerkMid Glamorganadagego up in smokeconfocalplinthin line of dutyNegressantineutrinoloungeroligarchicalbuglegrouseerMensaseismologistleftism