Bhagavad-Gitaの発音記号と読み方

発音記号: bʌ'gəvədgíːtɑː  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  バァガァヴァドゥギィータァー
主な意味: [名]《ヒンズー教》『バガバッド・ギーター』:インドの二大叙事詩の1つMahabharataの一部;バラモン的要素を含む宗教哲学詩.
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
bʌ' - gə - və - d - gíː - tɑː
発音記号カナ(目安)発音の仕方
bʌ'バァ
「b」は、唇を閉じて息を止める。その状態から急に「ブッ」と唇を破裂させて発音する。(「プッ」と出せば「p」の音になる)
「ʌ」は、日本語の「ア」とほぼ一緒。口を中くらい開けて、短く「ア」と言う。
続けて「バァ」となる。
ガァ
「g」は、舌の後ろ部分を上げて、上あごの奥につけて息を止める。急に舌を離して「グッ」と息を破裂させる。(「クッ」と出せば「k」の音になる)
「ə」は、口をあまり開けずに、弱く曖昧に「ア」と言う。
続けて「ガァ」となる。
ヴァ
「v」は、上の前歯を下唇に軽く噛む感じに当てる。その隙間から「ヴ」と息を出す音。(「フ」と出せば「f」の音になる)
「ə」は、口をあまり開けずに、弱く曖昧に「ア」と言う。
続けて「ヴァ」となる。
dドゥ
「d」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息を止めた状態から、急に息で「ドゥ」と破裂させるように発音する。(「トゥ」と出せば「t」の音になる)
gíːギィー
「g」は、舌の後ろ部分を上げて、上あごの奥につけて息を止める。急に舌を離して「グッ」と息を破裂させる。(「クッ」と出せば「k」の音になる)
「ː」のある場所は、長く引っ張って発音する。「iː」は、唇を横に引いて、上下の歯が軽く触れるくらい、口をあまり開けずに「イー」と長く言う。
続けて「ギィー」となる。
tɑːタァー
「t」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息を止めた状態から、急に息で「トゥ」と破裂させるように発音する。(「ドゥ」と出せば「d」の音になる)
「ː」のある場所は、長く引っ張って発音する。「ɑː」は、口を大きく開けて、口の奥のほうから「アー」と長めに言う。
続けて「タァー」となる。
キーワードをランダムでピックアップ
hydrolyzeUrenamelduotoneid.abodepandaconfidentpencesiscataclysmaristocratmoxibustiongrislylocallyturn the tricketernitypanoramicprejudicedshort ton