Beowulfの発音記号と読み方

発音記号: béiəwùlf  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  ベェィアウゥルフ
主な意味: [名]『ベーオウルフ』(8世紀初期の英文学最初の頭韻叙事詩);その主人公.
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
béi - ə - wù - l - f
発音記号カナ(目安)発音の仕方
béiベェィ
「b」は、唇を閉じて息を止める。その状態から急に「ブッ」と唇を破裂させて発音する。(「プッ」と出せば「p」の音になる)
「ei」は、二重母音。「e」から「i」へ滑らかに変化させ、1つの音のように表現する(前の音ははっきりと強く、後ろの音はぼかす)。日本語の「エ」より少し舌を緊張させて、発音の終わりは口を狭くして「エィ」と言う。
続けて「ベェィ」となる。
ə
口をあまり開けずに、弱く曖昧に「ア」と言う。
ウゥ
「w」は、日本語のワ行の音。唇を丸く前に突き出して発音し、すぐ後ろの母音に移動する。単語の最後に来ることはない。
「u」は、唇を丸く突き出して、軽く「ウ」と発音する。
続けて「ウゥ」となる。
l
「l」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。その状態で舌の両側から「ウ」と「ル」を同時に出すように発音する。
f
「f」は、上の前歯を下唇に軽く噛む感じに当てる。その隙間から「フ」と息を出す音。(「ヴ」と出せば「v」の音になる)
キーワードをランダムでピックアップ
reflexlysubprincipallustrateanatomizedisinheritamoeboidsaladspecialcembalostewardshiploweringmalleableBharatindraftcandlelitfive-and-tenfiddledeedeepenta‐jubateself-recording