Aconcaguaの発音記号と読み方

発音記号: ɑ`ːkɔːŋkɑ'ːgwɑː  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  アーコォーン(グ)カァーグヮァー
主な意味: [名]アコンカグア山:アルゼンチンAndes山脈の山;西半球の最高峰(6,960m).
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
ɑ`ː - kɔː - ŋ - kɑ'ː - gwɑː
発音記号カナ(目安)発音の仕方
ɑ`ːアー
「ː」のある場所は、長く引っ張って発音する。「ɑː」は、口を大きく開けて、口の奥のほうから「アー」と長めに言う。
kɔːコォー
「k」は、舌の後ろ部分を上げて、上あごの奥につけて息を止める。急に舌を離して「クッ」と息を破裂させる。(「グッ」と出せば「g」の音になる)
「ː」のある場所は、長く引っ張って発音する。「ɔː」は、口を大きく開けた後、唇を丸くして前に突き出した形で「オー」と長く言う。
続けて「コォー」となる。
ŋン(グ)
「ŋ」は、舌の後ろ部分を上げて、上あごの奥につけて息を止める。鼻を通して「ン(グ)と発音する。(グ)の部分は言いかけて止めるくらいの曖昧に音を出す。この音は、単語のはじめには来ない。
kɑ'ːカァー
「k」は、舌の後ろ部分を上げて、上あごの奥につけて息を止める。急に舌を離して「クッ」と息を破裂させる。(「グッ」と出せば「g」の音になる)
「ː」のある場所は、長く引っ張って発音する。「ɑː」は、口を大きく開けて、口の奥のほうから「アー」と長めに言う。
続けて「カァー」となる。
gwɑːグヮァー
「g」は、舌の後ろ部分を上げて、上あごの奥につけて息を止める。急に舌を離して「グッ」と息を破裂させる。(「クッ」と出せば「k」の音になる)

「w」は、日本語のワ行の音。唇を丸く前に突き出して発音し、すぐ後ろの母音に移動する。単語の最後に来ることはない。
「ː」のある場所は、長く引っ張って発音する。「ɑː」は、口を大きく開けて、口の奥のほうから「アー」と長めに言う。
続けて「グヮァー」となる。
キーワードをランダムでピックアップ
insensatepipencil inchild-resistanttangprosectorgallopingfiftyair conditioningSwitzertragedyhome runtelemarketingslewsensitivitylearntJerrynebulizercapuchinhag