ASPACの発音記号と読み方

発音記号: ǽspæk
カタカナ読み(発音の目安):  アスパァク
主な意味: [名]アジア太平洋協議会, アスパック.  [Asian and Pacific Council]
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
ǽ - s - pæ - k
発音記号カナ(目安)発音の仕方
ǽ
「ア」と「エ」の中間のような音。両ほほを左右に引っ張り、口を横にあけて「ア」と発音する。
s
「s」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎に近づけて、その隙間から「ス」と息を出して発音する。(「ズ」と出せば「z」の音になる)
パァ
「p」は、唇を閉じて息を止める。その状態から急に「プッ」と唇を破裂させて発音する。(「ブッ」と出せば「b」の音になる)
「æ」は、「ア」と「エ」の中間のような音。両ほほを左右に引っ張り、口を横にあけて「ア」と発音する。
続けて「パァ」となる。
k
「k」は、舌の後ろ部分を上げて、上あごの奥につけて息を止める。急に舌を離して「クッ」と息を破裂させる。(「グッ」と出せば「g」の音になる)
キーワードをランダムでピックアップ
graveBordeauxblankety-blankdirectheadnoteconducivetympanitesrecountlegroomstratocumulusenchiladacrierCyrenaicbunglingvomerscramblernor'easternightwearGenevatup