ratherの発音記号と読み方

発音記号: rǽðɚ | rɑ'ːðə  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  ラァザァ | ラァーザァ
主な意味: [副] 〔rǽðər | rɑ'ːðə〕  1 ある程度まで, 多少, いくぶん;かなり, ずいぶん, 相当に  2 [A rather than B]BよりもむしろA;Bでは...
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
rǽ - ðɚ - | - rɑ'ː - ðə
発音記号カナ(目安)発音の仕方
ラァ
「r」は、舌の先を内側にまいて、口のどこにも触れずに「ル」のような音を出し、すぐ後ろの母音に移動する。
「æ」は、「ア」と「エ」の中間のような音。両ほほを左右に引っ張り、口を横にあけて「ア」と発音する。
続けて「ラァ」となる。
ðɚザァ
「ð」は、舌の先を上の前歯で軽くかむ感じに当て、その隙間から「ズ」と息を出す。(「ス」と出せば「θ」の音になる)
「ɚ」は、舌の先を内側にまいて、口のどこにも触れずに「ア」と「ウ」の間のような音を出す。語の最後にきた場合はやや長めに発音する。(アメリカ英語のみの音で、イギリス英語では代わりに「ə」を用いることが多い)
続けて「ザァ」となる。
rɑ'ːラァー
「r」は、舌の先を内側にまいて、口のどこにも触れずに「ル」のような音を出し、すぐ後ろの母音に移動する。
「ː」のある場所は、長く引っ張って発音する。「ɑː」は、口を大きく開けて、口の奥のほうから「アー」と長めに言う。
続けて「ラァー」となる。
ðəザァ
「ð」は、舌の先を上の前歯で軽くかむ感じに当て、その隙間から「ズ」と息を出す。(「ス」と出せば「θ」の音になる)
「ə」は、口をあまり開けずに、弱く曖昧に「ア」と言う。
続けて「ザァ」となる。
キーワードをランダムでピックアップ
moirelevo-networkerunderdevelopmenttermlycontextPinyinpercipienceunorthodoxmahoganyrankerOceanustemperancehypermarketvanadousdodecaphonyremonstrantbilleschatologydownscale