phylogenyの発音記号と読み方

発音記号: failɑ'dʒəni | -lɔ'dʒ-  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  ファィラァヂャニィ | ロォヂュ
主な意味: [名]《生物》系統発生(学);系統史(⇔ontogeny). (またphy・lo・gen・e・sis 〔fàilədʒénisis〕[形]
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
fai - lɑ' - dʒə - ni - | - lɔ' - dʒ
発音記号カナ(目安)発音の仕方
faiファィ
「f」は、上の前歯を下唇に軽く噛む感じに当てる。その隙間から「フ」と息を出す音。(「ヴ」と出せば「v」の音になる)
「a」は、「ai」は、二重母音。「a」から「i」へ滑らかに変化させ、1つの音のように表現する(前の音ははっきりと強く、後ろの音はぼかす)。発音の初めは口を広く開けて、発音の終わりは口を狭くして「アィ」と言う。
続けて「ファィ」となる。
lɑ'ラァ
「l」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。その状態で舌の両側から「ウ」と「ル」を同時に出すように発音する。
「ɑ」は、アメリカ英語の音で、口を大きく開けて、短く「ア」と言う。イギリス英語だと「ɔ」になる。「オ」と発音しても通用する。
続けて「ラァ」となる。
dʒəヂャ
「dʒ」は、唇を前に突き出して、息だけで「ヂュ」と発音する。(「チュ」と出せば「tʃ」の音になる)
「ə」は、口をあまり開けずに、弱く曖昧に「ア」と言う。
続けて「ヂャ」となる。
niニィ
「n」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息が口から出るのを止めて、「ヌ」という音を鼻から出す。
「i」は、日本語の「エ」と「イ」の中間の音。「エ」と「イ」を同時に言う感じで「イ」と発音する。
続けて「ニィ」となる。
lɔ'ロォ
「l」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。その状態で舌の両側から「ウ」と「ル」を同時に出すように発音する。
「ɔ」は、口を大きく開けた後、唇を丸くして前に突き出した形で、短く「オ」と発音する。
続けて「ロォ」となる。
ヂュ
「dʒ」は、唇を前に突き出して、息だけで「ヂュ」と発音する。(「チュ」と出せば「tʃ」の音になる)
キーワードをランダムでピックアップ
overeatmastheadliquidityTenebraeencryptionLa TenelaganCelticsuperorderfor that matterblockbustergallbladderPan-Germandoorknobthuribleschoolbagovergrazingfactionaldoorpostinsinuation