ignis fatuusの発音記号と読み方

発音記号: ígnis fǽtʃuəs  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  イグニィス ファチュアス
主な意味: (複ignes fat・u・i 〔ígniːz fǽtʃuài〕)  1 鬼火, きつね火(will-o'-the-wisp).  2 人を迷わす理想;誤った目標.
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
í - g - ni - s -   - fǽ - tʃu - ə - s
発音記号カナ(目安)発音の仕方
í
日本語の「エ」と「イ」の中間の音。「エ」と「イ」を同時に言う感じで「イ」と発音する。
g
「g」は、舌の後ろ部分を上げて、上あごの奥につけて息を止める。急に舌を離して「グッ」と息を破裂させる。(「クッ」と出せば「k」の音になる)
niニィ
「n」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息が口から出るのを止めて、「ヌ」という音を鼻から出す。
「i」は、日本語の「エ」と「イ」の中間の音。「エ」と「イ」を同時に言う感じで「イ」と発音する。
続けて「ニィ」となる。
s
「s」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎に近づけて、その隙間から「ス」と息を出して発音する。(「ズ」と出せば「z」の音になる)
ファ
「f」は、上の前歯を下唇に軽く噛む感じに当てる。その隙間から「フ」と息を出す音。(「ヴ」と出せば「v」の音になる)
「æ」は、「ア」と「エ」の中間のような音。両ほほを左右に引っ張り、口を横にあけて「ア」と発音する。
続けて「ファ」となる。
tʃuチュ
「tʃ」は、唇を前に突き出して、息だけで「チュ」と発音する。(「ヂュ」と出せば「dʒ」の音になる)
「u」は、唇を丸く突き出して、軽く「ウ」と発音する。
続けて「チュ」となる。
ə
口をあまり開けずに、弱く曖昧に「ア」と言う。
s
「s」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎に近づけて、その隙間から「ス」と息を出して発音する。(「ズ」と出せば「z」の音になる)
キーワードをランダムでピックアップ
ampersandkilnhistologistmake ends meetinexpiableTenn.brightnessmotorizesnootyslapperexpedientialglaciategraceortho-Leviticuscurtsmitheryfeeble-mindedimaginarynationhood