hawthornの発音記号と読み方

発音記号: hɔ'ːθɔɚn | hɔ'ːθɔːn  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  ホォーソォアン(ヌ) | ホォーソォーン(ヌ)
主な意味: [名]《植物》サンザシ:バラ科サンザシ属の総称;多くは堅いとげがある. ▼花言葉はhope.
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
hɔ'ː - θɔ - ɚ - n - | - hɔ'ː - θɔː - n
発音記号カナ(目安)発音の仕方
hɔ'ːホォー
「h」は、後に続く母音と同じ口の構えで、息を吐きながらハ行の発音をする。この音は、単語の終わりには来ない。
「ː」のある場所は、長く引っ張って発音する。「ɔː」は、口を大きく開けた後、唇を丸くして前に突き出した形で「オー」と長く言う。
続けて「ホォー」となる。
θɔソォ
「θ」は、舌の先を上の前歯で軽くかむ感じに当て、その隙間から「ス」と息を出す。(「ズ」と出せば「ð」の音になる)
「ɔ」は、口を大きく開けた後、唇を丸くして前に突き出した形で、短く「オ」と発音する。
続けて「ソォ」となる。
ɚ
舌の先を内側にまいて、口のどこにも触れずに「ア」と「ウ」の間のような音を出す。語の最後にきた場合はやや長めに発音する。(アメリカ英語のみの音で、イギリス英語では代わりに「ə」を用いることが多い)
nン(ヌ)
単語の最後にくる「n」。舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につけ、息が口から出るのを止めて、軽く「ヌ」を言う感じで「ン」を鼻から発音する。(単語の途中で後ろに母音がないときの方が「ン」に聞こえる)
hɔ'ːホォー
「h」は、後に続く母音と同じ口の構えで、息を吐きながらハ行の発音をする。この音は、単語の終わりには来ない。
「ː」のある場所は、長く引っ張って発音する。「ɔː」は、口を大きく開けた後、唇を丸くして前に突き出した形で「オー」と長く言う。
続けて「ホォー」となる。
θɔːソォー
「θ」は、舌の先を上の前歯で軽くかむ感じに当て、その隙間から「ス」と息を出す。(「ズ」と出せば「ð」の音になる)
「ː」のある場所は、長く引っ張って発音する。「ɔː」は、口を大きく開けた後、唇を丸くして前に突き出した形で「オー」と長く言う。
続けて「ソォー」となる。
nン(ヌ)
単語の最後にくる「n」。舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につけ、息が口から出るのを止めて、軽く「ヌ」を言う感じで「ン」を鼻から発音する。(単語の途中で後ろに母音がないときの方が「ン」に聞こえる)
キーワードをランダムでピックアップ
half-hardybeltwayneoplasmfripperycloutshape-updemeanourdopaminefish outmaturelyunmitigatedphytogenesissubtopicincomparabilityYaluimpoverishwould-bechanteusechin‐chinchime in