as it wereの発音記号と読み方

発音記号: æz; | əz  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  アズ , | アズ
主な意味: いわば, いってみれば  ▼無理になりかねない比喩表現の力をやわらげるのに用いる. so to speakのほうが, ためらいの度合いが大きい.
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
æ - z - ; - | - ə - z
発音記号カナ(目安)発音の仕方
æ
「ア」と「エ」の中間のような音。両ほほを左右に引っ張り、口を横にあけて「ア」と発音する。
z
「z」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎に近づけて、その隙間から「ズ」と息を出して発音する。(「ス」と出せば「s」の音になる)
ə
口をあまり開けずに、弱く曖昧に「ア」と言う。
z
「z」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎に近づけて、その隙間から「ズ」と息を出して発音する。(「ス」と出せば「s」の音になる)
キーワードをランダムでピックアップ
SAWnetworkingsnowdriftsweetmeatParisianin stepweekendsmannikingood fellowoil wellspackleabducentbackbendobservingPictcriticallytrappygraftslumpflationbook up