almostの発音記号と読み方

発音記号: ɔ'ːlmoust, – | –  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  オールモォゥストゥ , |
主な意味: [副]  1 ほとんど, すんでのところで, もう少しで, …せぬばかりに  [語法]前にnotを伴う場合はalmostでなくnearlyを用いる:He's not nearly [×almost] as clever ...
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
ɔ'ː - l - mou - s - t - , -   - –? - | - ? - –
発音記号カナ(目安)発音の仕方
ɔ'ːオー
「ː」のある場所は、長く引っ張って発音する。「ɔː」は、口を大きく開けた後、唇を丸くして前に突き出した形で「オー」と長く言う。
l
「l」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。その状態で舌の両側から「ウ」と「ル」を同時に出すように発音する。
mouモォゥ
「m」は、唇を閉じて口から息が出るの止め、「ム」という声を鼻を通して出す。
「ou」は、二重母音。「o」から「u」へ滑らかに変化させ、1つの音として表現する(前の音ははっきりと強く、後ろの音はぼかす)。ほぼ日本語の「オゥ」で問題ないが、「u」は唇を丸くして前に突き出して発音する。
続けて「モォゥ」となる。
s
「s」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎に近づけて、その隙間から「ス」と息を出して発音する。(「ズ」と出せば「z」の音になる)
tトゥ
「t」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息を止めた状態から、急に息で「トゥ」と破裂させるように発音する。(「ドゥ」と出せば「d」の音になる)
–?
?
(なし)
キーワードをランダムでピックアップ
squamousetymologyhowlingrosypaleobotanydehydrationcrossepashaliccornelianstashmeadow mushroomJohn Ronald Rewel TolkienJonescat‐o'‐nine‐tailsrectanglegrocerypermutationsystematizebarbarityforelock