Myanmarの発音記号と読み方

発音記号: mjǽnmɑ`ːr  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  ミャァンマァー(ル)
主な意味: [名]ミャンマー(連邦)(Union of Myanmar):インドシナ半島西部;首都Naypyidawネーピードー. ▼旧称Burma(1989年まで). (またMýan・ma)
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
mjǽ - n - mɑ`ː - r
発音記号カナ(目安)発音の仕方
mjǽミャァ
「m」は、唇を閉じて口から息が出るの止め、「ム」という声を鼻を通して出す。

「j」は、日本語のヤ行の音。舌の真ん中を持ち上げて上あごに近づける。その隙間から声をきしらせて出す。単語の最後に来ることはなく、後は必ず母音である。
「æ」は、「ア」と「エ」の中間のような音。両ほほを左右に引っ張り、口を横にあけて「ア」と発音する。
続けて「ミャァ」となる。
n
「n」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息が口から出るのを止めて、「ン」という音を鼻から出す。(単語の最後にくる場合は「ン」と発音せず、軽く「ヌ」と言う感じにする)
mɑ`ːマァー
「m」は、唇を閉じて口から息が出るの止め、「ム」という声を鼻を通して出す。
「ː」のある場所は、長く引っ張って発音する。「ɑː」は、口を大きく開けて、口の奥のほうから「アー」と長めに言う。
続けて「マァー」となる。
r(ル)
「r」は、舌の先を内側にまいて、口のどこにも触れずに「ア」と「ル」の間のような音を出す。
キーワードをランダムでピックアップ
fashionableophthalmo-coercioncomplicatedunweptjimmyCordovantannerstinginglyElarawhite-tieoccupationprelatemanyendogenyfizzyenumerativepotentatecongregationAmsterdam