Monsignorの発音記号と読み方

発音記号: mɑnsíːnjər | mɔn-  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  マァンシィーニャァ(ル) | モォン(ヌ)
主な意味: [名](複〜s, -gno・ri 〔-njə'ːri〕)《カトリック》モンシニョール:大司教などに与えられる尊称(略:Mgr., Monsig.).
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
mɑ - n - síː - njə - r - | - mɔ - n
発音記号カナ(目安)発音の仕方
マァ
「m」は、唇を閉じて口から息が出るの止め、「ム」という声を鼻を通して出す。
「ɑ」は、アメリカ英語の音で、口を大きく開けて、短く「ア」と言う。イギリス英語だと「ɔ」になる。「オ」と発音しても通用する。
続けて「マァ」となる。
n
「n」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息が口から出るのを止めて、「ン」という音を鼻から出す。(単語の最後にくる場合は「ン」と発音せず、軽く「ヌ」と言う感じにする)
síːシィー
「s」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎に近づけて、その隙間から「ス」と息を出して発音する。(「ズ」と出せば「z」の音になる)
「ː」のある場所は、長く引っ張って発音する。「iː」は、唇を横に引いて、上下の歯が軽く触れるくらい、口をあまり開けずに「イー」と長く言う。
続けて「シィー」となる。
njəニャァ
「n」は、舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につける。息が口から出るのを止めて、「ヌ」という音を鼻から出す。単語の最後では「ン」と発音せず、軽く「ヌ」と言う感じにする。

「j」は、日本語のヤ行の音。舌の真ん中を持ち上げて上あごに近づける。その隙間から声をきしらせて出す。単語の最後に来ることはなく、後は必ず母音である。
「ə」は、口をあまり開けずに、弱く曖昧に「ア」と言う。
続けて「ニャァ」となる。
r(ル)
「r」は、舌の先を内側にまいて、口のどこにも触れずに「ア」と「ル」の間のような音を出す。
モォ
「m」は、唇を閉じて口から息が出るの止め、「ム」という声を鼻を通して出す。
「ɔ」は、口を大きく開けた後、唇を丸くして前に突き出した形で、短く「オ」と発音する。
続けて「モォ」となる。
nン(ヌ)
単語の最後にくる「n」。舌の先を、前歯のすぐ裏の歯茎につけ、息が口から出るのを止めて、軽く「ヌ」を言う感じで「ン」を鼻から発音する。(単語の途中で後ろに母音がないときの方が「ン」に聞こえる)
キーワードをランダムでピックアップ
elhiminatorybear down onPanchen Lamabutttwo-piecegood dealimpeccabilityThessaloniansnonsocialICAbehind-the-scenesahead ofimproviselonely heartsbatrachianaskingmaroontoyshopChaldea