Heraの発音記号と読み方

発音記号: ərə  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  ヒィアラァ
主な意味: [名]《ギリシャ神話》ヘラ:Zeusの妹で妻;天界の女王;ローマ神話Junoに当たる. ▼クジャクがその使者.
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
hí - ə - rə
発音記号カナ(目安)発音の仕方
ヒィ
「h」は、後に続く母音と同じ口の構えで、息を吐きながらハ行の発音をする。この音は、単語の終わりには来ない。
「i」は、日本語の「エ」と「イ」の中間の音。「エ」と「イ」を同時に言う感じで「イ」と発音する。
続けて「ヒィ」となる。
ə
口をあまり開けずに、弱く曖昧に「ア」と言う。
ラァ
「r」は、舌の先を内側にまいて、口のどこにも触れずに「ル」のような音を出し、すぐ後ろの母音に移動する。
「ə」は、口をあまり開けずに、弱く曖昧に「ア」と言う。
続けて「ラァ」となる。
キーワードをランダムでピックアップ
Jeanne d'Arcdashikistill hunttrimesterLinnaeanCistercianclodhoppingtownspeopleblanketyantiagingfribblehoppye.scionbedazzleIslamizegrandnessproces-verbalcrumbfull-time