Charing Crossの発音記号と読み方

発音記号: tʃǽriŋ‐  音声を再生
カタカナ読み(発音の目安):  チャリィン(グ)
主な意味: チャリングクロス:London中央部, Trafalgar Square付近の駅および繁華街.
※意味はWEBより自動取得されたもので、正確でない場合があります。
tʃǽ - ri - ŋ
発音記号カナ(目安)発音の仕方
tʃǽチャ
「tʃ」は、唇を前に突き出して、息だけで「チュ」と発音する。(「ヂュ」と出せば「dʒ」の音になる)
「æ」は、「ア」と「エ」の中間のような音。両ほほを左右に引っ張り、口を横にあけて「ア」と発音する。
続けて「チャ」となる。
riリィ
「r」は、舌の先を内側にまいて、口のどこにも触れずに「ル」のような音を出し、すぐ後ろの母音に移動する。
「i」は、日本語の「エ」と「イ」の中間の音。「エ」と「イ」を同時に言う感じで「イ」と発音する。
続けて「リィ」となる。
ŋン(グ)
「ŋ」は、舌の後ろ部分を上げて、上あごの奥につけて息を止める。鼻を通して「ン(グ)と発音する。(グ)の部分は言いかけて止めるくらいの曖昧に音を出す。この音は、単語のはじめには来ない。
キーワードをランダムでピックアップ
existJakob-Creutzfeldt diseaseTiananmenSinanthropusmettlesomeMarie AntoinetteRhinecremegenicdustupancestralProxima Centauriempty-headedjunketvaginismusprimogenitureadjustedcartilageMalcolm Xtaboret